MENU
CONTACT

脂質について

こんにちは!

Dr.トレーニング吉祥寺店の武田です!

 

 

今日は「脂質」についてお話しさせて頂きますね!!

 

脂質

これから夏に向けてダイエットを考えている人もいつのではないでしょうか!

ダイエットとかで気になる脂質ですが、どのようにして代謝されていくのか。

そこの部分を少し細かく紹介しようと思います!

 

種類

まずは、脂質について細かく紹介します!

脂質は

 

①トリグリセリド(中性脂肪)

②リン脂質

③コレステロール

④その他

 

に分類されます!

 

この中でトリグリセリド(中性脂肪)は身体の中の代謝過程のエネルギー源としてもしようされます!

他にもリン脂質とコレスレロール、少量のトリグリセリドは体内のすべての細胞の膜を構成している為、こちらも重要な役割を担っています!

脂質といっても悪いことばかりではないんですね!

 

 

では、次に僕たちが「普段食べている食物に最も多く含まれている脂質」についてです!

それも、トリグリセリド(中性脂肪)です!

 

トリグリセリドという言葉は聞く機会があまりないと思いますが「中性脂肪」という言葉は聞くことが多いですよね!

 

この中性脂肪は動物性食品に多く含まれており、食物生食品には非常に少ないです。

動物性食品とは、動物に由来する食品で肉・魚・貝・卵・乳などです。

植物性食品は、植物体に存在する食品で穀類・芋・豆・野菜・きのこ・海藻類などです。

 

次に脂質の消化についてですが、

まずは、唾液と一緒に胃まで運ばれ、ここで全体の10%程度の中性脂肪を消化します。

そして、ほとんどの脂質は小腸で消化されます。

 

間には他にも過程があるのですが、今回は省略させていただきますね!

 

では、最後に「貯蔵脂肪」についてと「肥満」について紹介します!

 

脂肪組織と肥満

まずは、多量の脂肪が体内で蓄えられているのは主に「脂肪組織」と「肝臓」の2ヶ所です。

今回は、脂肪組織(貯蔵脂肪)について書きます!

 

この脂肪組織の主な機能は、体内のどこかでエネルギーの必要性が生じるまで中性脂肪を蓄えることです。

その他にも身体の断熱作用や、食欲やエネルギー消費などを制御するホルモン分泌を担っています。

最初にも書いたのですが、脂肪だからといって身体に対して悪いことばかりではないのです!

 

次に肥満についてです!

肥満は、簡単にいうとエネルギーとして体内で使われるより多くの量の食物を摂取することによって起きるものです。

 

過剰の食物は脂肪はもちろんですが、炭水化物やタンパク質であれ、ほとんど全てが将来エネルギーとして使うために、脂肪として脂肪組織に貯蔵されます。

そうすることによって、体重の増加などに繋がってきます。

 

ですが食物には「タンパク質」「炭水化物」「脂肪」「ミネラル」「ビタミン」が異なる割合で含まれているので、これらを過不足なく供給するためには、上記の栄養素を適切なバランスで摂取する必要があります。

 

なので、今回はここまでなのですが今度のブログでは食事のバランスについても書かせていただこうと思いますので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

Dr.トレーニングでは身体の細かいところまで把握しているトレーナー陣が皆さんに最高のパーソナルトレーニングを提供いたします!

もし、パーソナルトレーニングジムに興味がある方や身体に悩みを抱えている方などがいましたら、Dr.トレーニングにお越しください!

 

最高のトレーナー陣が皆さんの要望にお応え致します!

 

 

一瞬ではなく一生モノの身体作り

〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

武田 駿平

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町2―25―12 Santa Fe1-B

Tel:0422-27-6608

ご予約はこちらから

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP