MENU
CONTACT

食事について

こんにちは!

Dr.トレーニング吉祥寺店の武田です^^

 

 

前回は「脂質」について書かせて頂きました!

今回は、それに繋げて「食事のバランス」について書かせて頂きます!

皆さんは普段食事で気をつけていることはありますか?

 

 

食事のバランス

僕らが普段食事から得ている炭水化物や脂肪・タンパク質のエネルギーは、身体の様々な機能のために使われ、貯蔵されています。

この使われているエネルギーに対して、エネルギー摂取の方が持続的に上回っていると、過剰なエネルギーの多くが脂肪として蓄えられて、体重の増加につながってきます。

 

前回のブログでも書かせて頂いたのですが、

食物には、タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラル・ビタミンが異なる割合で含まれています。

これらを過不足なく供給するためには、栄養素を適切なバランスで摂取する必要があります。

 

まずは、3大栄養素である炭水化物・脂質・タンパク質について話していきます!

 

食物から得られるエネルギー

3大栄養素である炭水化物・脂質・タンパク質は人が活動する上で必要となるエネルギーの元になります!

 

それぞれ1グラムあたり炭水化物は4kcal、脂質は9kcal、タンパク質は4kcalのエネルギーになります!

 

個人差はありますが、非西洋諸国では炭水化物から得るエネルギー量がタンパク質・脂質から得ているエネルギー量をはるかに超えているそうです。

 

エネルギーの摂取

3大栄養素は活動する上で必要になってきます。

この中で、タンパク質は毎日20〜30グラムが身体の中で分解されて他の体成分を作るために使われています。

そのため、全ての細胞は分解された分のタンパク質を新たに作り続ける必要があります!

この目的のために食事などからタンパク質を摂取する必要があり、平均的な人であれば1日に「30〜50グラム以上」摂取していればタンパク質の貯蔵量を維持できるそうです!

 

タンパク質の一部は、ある種の必須アミノ酸を十分に含んでいません。

(必須アミノ酸とは、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、体内で十分な量を作れないために食事などから摂取しなければいけないものです)

この必須アミノ酸ですが、一般に動物性食品に含まれるタンパク質は、野菜や穀物に含まれるタンパク質に比べて必須アミノ酸を多く含んでいるそうです!

 

バランス

食事中に炭水化物と脂肪が多く含まれている場合、必要なエネルギーのほとんど全てが炭水化物と脂肪によって、賄われてしまうためタンパク質はほとんど利用されなくなってしまうそうです。

逆に飢餓状態では、炭水化物と脂肪が足りない場合それに対応するために身体中のタンパク質がエネルギー源として急速に利用されてしまうため、タンパク質の消費量が数百グラムに達することもあるそうです。

なので、それぞれの栄養素のバランスが大切になってきます!

 

ダイエットなどをする上でも、どれかの栄養素を一切とらないようにするなどはしないで、それぞれのバランスを考えた上で食事管理していかないといけません!

しかし、食事に関してなどは自分ではあまり分からないと思います。

その時は、ぜひDr.トレーニングにご相談ください!

Dr.トレーニングでは管理栄養士とも連携をとっているので、食事についてのご相談にも対応できます!!

 

 

もしも、栄養などに興味がある方パーソナルトレーニングに興味がある方はDr.トレーニングにお越しください!

様々な分野のプロフェッショナルは皆さんをお待ちしております!

 

一瞬ではなく一生モノの身体作り

〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

武田 駿平

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町2―25―12 Santa Fe1-B

Tel:0422-27-6608

ご予約はこちらから

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP