MENU
CONTACT

運動会のスター誕生「足を速くするには?!」

こんにちは!

お茶といえば生茶が好きなDr.トレーニング吉祥寺店の黒崎です!

お茶といえば色々メーカーありますよね…

メーカーによって味が違いますよね…

さて、お茶の話は置いといて今日は速く走ることに必要なことをお話ししていきます

私は自分が陸上部だったということと、

学生トレーナーしているときも選手のスプリントトレーニングを見ていたので今日は走ることについてお話ししていきます。

秋は運動会がありますよね

そこでちびっこ達の悩み事の一つにかけっこがあるのではないでしょうか

そんなお子様の足を速くするのにお悩みの方も

ぜひこちらのポイント意識して

お子様に教えてみてくださいね

 

走る動作に必要なこと「腕振り」

まず一番始めに手がつけやすいのが腕振りの改善かと思います。

正しい腕振りご存知ですか?

まずは手の握り方は

 

【正しい握り方】

●パーでひらく

もしくは

●生卵を持つように軽く握る

 

ぎゅっと握りしめてしまうと力んでしまうんです

なので手のひらはパーか軽く握るぐらいが理想です

続いて腕の振り方は

 

【正しい腕の振り方】

●手が目線の高さにくるくらいまでふり

手が腰の横にくるあたりまで引きます

なのでまっすぐ腕を振るのが理想です!

さて続いて、

 

【よくあるエラー動作】

●肘が外側に開いてしまっている

●腕が動かず、肘から先の上下運動になっている

●腕をまっすぐ引かずに、女の子走りのように引いている

 

腕振りは一見単純な動作ですが

正しく腕を振れている人は少ないです

まっすぐ引いた方がより推進力が生まれますので

まっすぐ引いていきましょう!

また、腕振りの可動域が狭かったり、まっすぐ腕を引けない時は

胸郭や肩関節の硬さなど何かしら原因がある時があります

そういった方は、ぜひパーソナルトレーニングでその原因を解決していきましょう!

 

腕振りの練習の仕方

ここまでで正しい腕振りについてご説明してきました

 

続いて練習の仕方です

 

【腕振りの練習の仕方】

●まずはその場で足を前後に開き、腕を振る
最初はゆっくりフォームを意識しながら行い、慣れてきたら秒数を決めてその間全力でふっていきましょう

●チューブをにぎって、後ろから引っ張ってもらい抵抗をかけながら腕振りをする

腕振りを意識するのにこういった練習方法もあります

Dr.トレーニング吉祥寺店にはチューブのご用意もありますのでぜひ体験しにきてくださいね

●二人組みで行います。後ろで肘が当たる高さに、もう一人の方に手を用意してもらい、その手に当たるように肘を引く

 

こういったような練習方法がごさいます!

他にも様々な練習方法がごさいますが、今日はこの辺にしときますね

気になる方はぜひ、パーソナルトレーナーまでご質問ください。

 

今日のまとめ

今日は腕振りについてご説明していきました
正しい振り方
エラー動作
練習の方法
について説明していきました!

 

腕振りも簡単なようで奥が深いです!

うまく振れない方や自分の振り方があってるか気になる方

ぜひ一度Dr.トレーニング吉祥寺店でパーソナルトレーニング受けにきてみてくださいね!

またお子様の走り方でなにか気になる点がある方もぜひ!

Dr.トレーニング吉祥寺店でパーソナルトレーナーがお待ちしております。

さて、今日は腕振りで終わってしまいましたが、まだまだ大事な要素あるのでご説明していきます

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉
黒崎ひかる
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2―25―12 Santa Fe1-B
Tel:0422-27-6608
ご予約はこちらから

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP