MENU
CONTACT

映画に学ぶ18 視覚

皆さんこんにちは!

パーソナルジム、Dr.トレーニング吉祥寺店の原田です!

 

 

映画紹介

 

映画紹介第18回目はこちらです!

『5パーセントの奇跡 〜嘘から始まる素敵な人生〜』!!

 

 

こちら2017年公開のドイツのヒューマンコメディ映画です!

 

あらすじ

 

スリランカ人の父とドイツ人の母を持つ青年サリーは先天性の病による網膜剥離で視力の

95%を失うが、周囲が勧める盲学校への入学を拒み、努力の末に普通高校を卒業する。

 

 

そして14歳からの夢であるホテルマンになるために様々なホテルに応募するが、

障害のためにことごとく断られてしまう。

そこでサリーは障害を隠してミュンヘンにある最高級5つ星ホテルに応募すると、

持ち前の真面目さが買われ、見習い研修生として働くことになる。

卓越した記憶力と聴力を活かし、障害を周囲に悟られないように懸命に働くサリーだったが、

それでもどうしても失敗してしまうことがある。

 

 

しかし、同じ研修生仲間のマックスをはじめ、サリーの障害に気づいた人々の親身な

サポートのおかげで何とか課題をクリアしていく。

また、ホテルに野菜を納めている農場の女性ラウラと恋に落ち、公私ともに充実した日々を

送るようになる。

 

 

なんとこの映画実話らしいですよ!

目が見えないというハンデを、聴力と記憶力でカバーし、またマックスの協力もあり困難に

立ち向かっていきます。

このマックスが真面目なサリーとは正反対でとてもやんちゃなのですが、

それがまたいい味を出しています。

ところどころコメディー要素もあり、とても勇気付けられる映画なのでぜひご覧ください!!

 

視覚

 

今回のテーマは視覚についてです!

皆さんは日々たくさんの情報を五感で得ていますが、そのうち何%が視覚によるものだと

思いますか?

なんと87%が視覚によるものなんですね!

 

 

普段何気なく行っている日常の姿勢や動作もほとんどが視覚から得た情報を元に

アウトプットしているのです。

片足立ちしたときに目を瞑るとバランスを崩しますよね?

それは視覚からの情報を遮断したためにどのように立てば平衡を保てるのかアウトプット

できなくなるからなんです。(耳についての記事でも記載したように耳でも平衡感覚を

司っているので視覚が全てではありません)

 

スポーツ選手でいうと視力が悪いと反応が遅れたり、バスケのフリースローや弓道など的を

狙う競技でも当然視力が悪いと方向が定まらなくなりますよね。

 

 

スポーツ選手に限らず、仕事においても視力が悪いと顔とパソコンの画面との距離が近くなる

ことで猫背が助長され、結果肩こり、腰痛が増したりします。

このように視力の良し悪しは姿勢や動作に影響を与えます。

 

お身体に慢性的な不調のある方は一度目にも意識を向けてみてはいかがでしょうか^^

 

↑ 原田家のワンコです。

 

 

 

一瞬ではなく一生モノの身体作り

 

〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

原田颯

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町2―25―12 Santa Fe1-B

Tel:0422-27-6608

ご予約はこちらから

 

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP