MENU
CONTACT

8個の栄養素で体を変えていこう!part2

皆さんこんにちは!

パーソナルジムDr.トレーニング吉祥寺店の齋藤優輝です!

 

ではでは!早速ですが前回の続きから始めていきますね!✨

 

前回は三大栄養素(タンパク質、糖質、脂質)を見ていきましたが

残りの5つ、皆さんわかりましたか??

 

5つの栄養素をバランスよく取り入れて、健康的なお体を手に入れましょう!

 

では、見ていきましょう!

レッツゴー!✨

 

 

ビタミン

これは聞いたことはあるかと思います!

有名なのはビタミンCなどですね!

 

人体に必要なビタミンは合計で13種類ありますが、

主な働きとしてはエネルギー代謝を促し、新陳代謝(細胞の入れ替わり)をスムーズにすることです。

 

お体の変化に欠かせないスパイス的な役割なので、是非とも意識的に摂取していきましょう!✨

 

種類が多いので、いろんな食材を使ってバランス良く摂取するのがベストですね!

 

ミネラル

はい!ミネラルですね!

 

ビタミンとミネラルという感じでセットで名前を聞くことはあると思います!

でも聞いたことがあるだけで、ミネラルって何なの??

という感じではないでしょうか?(笑)

 

ミネラルとは酸素、炭素、水素、窒素以外の人体に必要な元素のことです!

 

これが体内で、骨を作ったり、エネルギー代謝を良くしたり、体の循環をスムーズにするので、ビタミンと同様かなり重要な栄養素になります!

 

学生時代に覚えた元素記号を思い出してください!

相当な数ありませんでしたか?(笑)

 

人体に必要なミネラルは16種類あります。

カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)、リン(P)、亜鉛(Zn)、コバルト(Co)、クロム(Cr)、セレン(Se)etc.

 

はい、もうこのくらいからよくわかりませね(笑)

とにかくたくさんあるので、これも意識的にとるのが難しい栄養素です。

 

 

食物繊維

次が食物繊維です!

なんとなくお腹に良いとは聞くけど…野菜を食べれば良い?くらいの認識の方も多いのではないでしょうか?

 

食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類あり、それぞれ働きが異なります。

 

・水溶性食物繊維→水分を含みゲル化する(便を柔らかくする)/腸の善玉菌の餌になる(野菜や海藻類、果物など)

・不溶性食物繊維→水分を含み膨張する(便の量を増やす)/胃腸を刺激して便通を促す(根菜類、穀類など)

 

お腹の調子を整えると、余分な脂肪や糖分も排泄できるので、ダイエットする方は特に意識的に摂取すると良いですね!✨

 

水は本当に大事ですね!

私がお食事の指導をする際に、まずはここから見ることが多いです!

 

水分の働きとして、栄養素を運んで老廃物を流す役割があるので、水分が無いと体の循環がかなり悪くなります😱

 

1日に1.5〜2ℓくらい飲めるとベストですね!

 

 

機能性成分

さてさて、ラストですが、これ分かった人いますか?

これも分かれば栄養素の基礎はバッチリですね!✨

 

機能性成分とは、生きていく上で必須ではないものの、良いコンディションを保つために必要な栄養素、となります。

 

ポリフェノールフラボノイド乳酸菌などがこの機能性成分にあたりますね。

 

抗酸化作用での老化防止や、体調を整える働きもあるため、知っておいて損はない栄養素です!

 

 

ではでは、今回はPart2ということで、前回と合わせて合計8つの栄養素を簡単に紹介していきました!

 

これらをバランスよく摂取することが、体を変えていく上で重要になります!

 

とは言っても、なかなかこれだけの量を意識するのは難しいと思うので、コツとしては【様々な食材を使う】ことで、いろんな栄養素が摂取できるので、できるだけ偏らずに食べていけると良いですね!!

 

次回はこの栄養素の一つ一つを少し細かく説明していこうと思います!

 

では、齋藤からでした!

 

 

<Dr.トレーニング吉祥寺店>

齋藤優輝

 

スポーツフードアドバイザー

睡眠コンサルタント

睡眠健康指導士

スポーツ医学検定2級

NSCA-CPT

 

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP