MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

日中の眠気の正体!Zzz…

皆さんこんにちは!

パーソナルジムDr.トレーニング吉祥寺店の齋藤優輝です!

皆さん今朝はぐっすり眠れましたか?

今まさに眠い方、手を上げてみてください!

 

はい、ありがとうございます。

んー、多いですね(笑)

 

睡眠不足は本当に悪影響しかないですからね!

 

寝てないだけでありとあらゆるパフォーマンスがどんどん落ちていきます😰

睡眠時間を確保するだけで今の1.5倍以上は確実に能力が上がると思います。(特に睡眠不足の方)本当にもったいないです…!

 

 

日中の眠気

皆さんお昼ごはんを食べた後に眠くなることはないですか?

それもかなりの強烈な眠気…。

 

今日はこれの正体について解説していきます。

 

まず結論からお伝えすると【どんなにグッスリ眠っている人でも、どんな健康な人でも、13〜15時の間は眠くなります】

 

これは人間の生活リズムの中で決まっていることなので、どうすることもできないです(笑)

ただ13時から15時は眠くなるんだと理解してるだけでも違います。

 

人間の体内時計のリズムとしては、朝起きてから少しずつ活動レベルが上がり、13時から15時の間に活動レベルを落とします。そして就寝するまでに少しずつ活動レベルが上がっていくという流れになります!

 

食事を取ったから眠くなるんじゃないの?と思っている方も多いのですが、それはあくまで2番目3番目の理由ですね!ただ、炭水化物中心の食事で、血糖値の変動が激しい食事とかですと、かなり眠気は出てくるので、この眠気は少し注意ですね。

 

一番の理由としては【活動レベルが落ちるから】になります!

 

 

昼寝の有効活用

ここで皆さんにお伝えしたいのが、昼寝の活用です!

先ほど、13時から15時の時間帯は、どんなに睡眠をとっている人でも眠くなるとお伝えしましたが、このタイミングでの【昼寝】をお勧めします!

 

ちょうどお昼休みの時間などを活用して、15分から30分の昼寝をはさめると良いですね!朝起き始めてすぐが一番活動レベルが高い状態ですが、昼寝をすると、その状態が午後も続きます✨

 

1日を通して高いパフォーマンスを発揮できるようになるので、是非とも日常に取り入れてほしいです!

 

元々この時間帯は脳の活動も低下しているので、勉強をするにも、お仕事をするにも、あまり効率は上がりません💦

 

ですので、もし何か作業をするにしても、比較的単純作業を入れた方が効率よく進むと思います。

 

 

注意点

この昼寝ですが、一つ注意点として【寝過ぎない】ようにしてください!

 

深く寝てしまうと起きた後にだるさが残る可能性があるためです。睡眠慣性と言いますが、30分より長く寝てしまうと、少しずつ影響が出てきます。

 

なので、長くても30分に抑える。

寝付けなくても横になって目を瞑るだけでも大丈夫なので、昼寝のパワーを実感してほしいです!

 

では、今日はこれまで!

バイバイ!

 

<Dr.トレーニング吉祥寺店>

齋藤優輝

 

スポーツフードアドバイザー

睡眠コンサルタント

睡眠健康指導士

スポーツ医学検定2級

NSCA-CPT

 

 

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP