MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

脂質は本当に体に悪い??〜気になるならEPAとDHAをとろう🐟〜

みなさんこんにちは!!

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング吉祥寺店の比嘉です!!

 

今回は必須脂肪酸であるEPA(ドコサヘキサエン酸)DHA(エイコサペンタエン酸)についてお話ししていこうと思います。

 

EPA、DHAってなに??

まず初めにみなさんもEPAやDHAの名前をどこかで聞いたことのある方は多いのではないでしょうか??

この2つの正体はというと必須脂肪酸と呼ばれる脂質の一種となります!!

 

必須脂肪酸とは簡単に説明すると人の体内では作り出せない脂肪酸になります。

人の体内では作られないとはいえ脂質に対して摂ると太りやすいなどのイメージが強い方も多いと思います。

実際のところを言うと脂質の摂りすぎは体に良くないのは確かですが、脂質はホルモンや細胞膜の材料になったり脂溶性ビタミンの吸収を高めたりするため摂らなさすぎも返って身体によくはありません。

そこでダイエット中でも意識して摂ってほしい脂質というのが今回のEPA、DHAと呼ばれる2つの必須脂肪酸になります!!

 

 

その効果は・・・

DHAは、脳や目の網膜の脂質成分で脳に直接鋭意要素として働きかけることが特徴です。

EPAは、血液をサラサラにする効果がDHAより高いということが特徴的です。

 

なのでDHAと EPAを両方取ることで相乗効果の働きを手に入れましょう!!

 

そしてその効果としてまず初めに中性脂肪を下げる働きがあります!

中性脂肪は食事で摂取したエネルギーが消費しきれず余ってしまうと、その分は肝臓で中性脂肪に変わり肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

EPAやDHAは肝臓内で脂肪を作ることを抑えたり、脂肪酸を分解したりする作用があると考えられています!!

さらに血管内では中性脂肪の分解効果も高まるため、それぞれの効果から中性脂肪を減らすことができると言われています!!

 

またマウスを使った実験では魚油が脂肪細胞を変える働きが見られるという実験もあり、この実験では体脂肪の減少や体温の上昇をもたらしたという実験結果が見られたそうです!!

この実験結果が人にも通用する可能性は十分にあるので今後に期待ですね😊

 

他にも運動効率をアップさせる効果も期待できます!!

EPA、DHAには血液をサラサラにする効果があり、その結果細かい血管にまで血流が行き届くようになり酸素が全身に行き渡りやすくなります!

その効果から運動時の酸素摂取量が低下し普段よりも少ない酸素量で運動ができるようになります!!

ちなみにこちらの実験では4ヶ月間の1万m走の記録が摂取しない人では5秒短縮の結果に対して摂取している人は51秒の短縮という実験結果があるそうです!!

 

ぜひ EPA、 DHAを摂取してトレーニングに活かしたいですね!!

 

 

何を食べればいい??

ではEPAやDHAはどの食材に多く含まれているのでしょう??

 

それは・・・です!!

中でも有名なのはサバやマグロなどの青魚に多く含まれます。

一時期テレビでサバが健康食品として頻繁に紹介されていた理由もこのEPAとDHAの存在が挙げられます!!

 

また魚はタンパク質が豊富な食材でもあるため筋肉をつけていく上でも重要な栄養素が多く含まれているとも言えます!!

 

僕のおすすめはサバとホッケです!!

2つとも塩焼きにすることで美味しくそしてヘルシーにいただくことができるので皆さんもぜひ普段の食生活で取り入れてみてください!

ここまでいかがでしたでしょうか??

皆さんもEPA、DHAをしっかり摂って健康で理想の身体を手に入れましょう!!

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP