MENU
CONTACT

痩せるために…寝るときは◯◯をするな!

皆さんこんにちは!

パーソナルジムDr.トレーニング吉祥寺店の齋藤優輝です!

今回は睡眠について書いていこうと思います!

ダイエットにあたって【睡眠】は大事なタスクです。

 

ここを疎かにしてまうと、痩せられるものも痩せられなくなりますよー!

ということで初めていきましょう!

 

Let’s go✨

 

 

 

其の一〜寝る直前の食事はするな!〜

 

時刻は22:00…

 

今日も仕事が終わってお酒と美味しいもの食べるぞー!!

かんぱーい!!!

となっているそこのアナタ!ストーップ!

分かりますよ!お気持ちはものすごく分かりますが、痩せると決めたんですよね?

ならこれはNGです!(><)

 

胃の中が消化されていない状況で睡眠をとると、体が十分に休まらなくなります。睡眠中に1日の成長ホルモンの7割程度が分泌され、細胞の入れ替えを行うのですが、このタイミングで食事をとってしまうと【回復ではなく消化に力を入れる】ことになります。

 

となると、どうしても体が変わりにくくなりますよね。

 

ただ、食べてしまうのも何かしら理由があると思います。

 

お仕事が終わるのが遅く、ものすごくお腹が空いてしまい暴飲暴食してしまう…

唯一の楽しみになっている…

食べることでストレスを解消してる…

 

人の数だけ理由はあると思いますが、寝る直前に食事を摂るのはかなり睡眠の質を落とす行為です💦

 

胃の負担を極力減らすために、夜は食事量は抑えめにして朝と昼を多めにする、プロテインなど手軽にお腹を満たす工夫をする

 

など対策を打つことが大事ですね!

 

 

其の二!〜寝酒はするな!〜

これは絶対にNGです!

アルコールを分解するとアセトアルデヒドという代謝産物が発生しますが、これはいわば毒です。発癌性があると言われていますが、こんな危険なものが体内にある時に体は休まらないですね(笑)

 

肝臓でアルコールを分解したり、解毒を行っていますが、他にも栄養の貯蔵、細胞の合成を行います。

 

アルコールが体の中にある以上、これを真っ先に代謝をして体の外に出さないとダメですよね。

となると他の肝臓の機能は低下します。特に筋肉の素材となるタンパク質の合成が遅くなると細胞の入れ替えも遅くなるので、ダイエットの効率もかなり落ちてしまいます。

 

量にもよりますが、アルコールを分解をするのには2〜3時間はかかるので、寝る時間から逆算して時間を空けられるとグッドです!✨

 

 

其の三!〜寝る直前の運動はするな!〜

寝る前に運動をすると疲れてよく眠れるようになる

 

と寝る前に運動することが推奨されることもありますが、これもあまりおすすめしません。

体を活性化させる交感神経が優位になり、体がリラックスできなくなるからです💦

(軽めの運動やヨガ、ストレッチなどであればOK!激しすぎる運動はNG)

 

さらに人には体温の上昇リズムがあり【朝から体温が高くなり、寝る前に体温が落ちる】というリズムがあります。

 

寝る前は体温が下がることで眠気を誘発するのですが、このタイミングで体温を上げすぎてしまうと、眠気が遠ざかってしまいます。

 

運動の疲れで寝付けても、体温のリズムに逆らっているため睡眠の質は低い状態なので、あまり効果的とは言えません…。

 

とはいえライフスタイルから夜しか時間が取れない方もいると思うので、そんな方は

 

トレーニング後のストレッチ

 

は必ず行うようにしましょう!

軽めのストレッチを行うと副交感神経が優位になり、体温が緩やかに落ちていきます。

寝る直前に食事をするのも、内臓が活発に働き、下がるはずの体温が上がってしまうことで睡眠の質が落ちるという理由もあるので、この3つは覚えていただければと思います!

 

 

<Dr.トレーニング吉祥寺店>

齋藤優輝

 

スポーツフードアドバイザー

睡眠コンサルタント

睡眠健康指導士

スポーツ医学検定2級

NSCA-CPT

 

■Dr.トレーニング吉祥寺店

吉祥寺の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング吉祥寺店〉

0422-27-6608

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−25−12 Santa Fe1-B
>吉祥寺のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>吉祥寺のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP